印鑑白書
トップページ印鑑の歴史印鑑の印相印鑑の種類印材印鑑の書体印鑑用語集印鑑Q&Aサイトマップ

印鑑用語集

契印(ちぎりいん)
契印とは契約書が複数枚になる場合、それらが一つの契約書であることを証明するために押します。使用する印鑑は署名捺印(または記名押印)に使用した印鑑と同じ印鑑で、契約当事者全員が押印します。この契印がないと、後から書面の追加や差し替えのおそれがあります。
割印(わりいん)

割印とは、契約書の正本と副本、原本と写しなどの二枚の書類が元々一枚だった証として両方にまたがって押印します。領収書を発行するときに、領収書とその控えとにまたがって1つの印を押印するようなものです。使用する印鑑は署名捺印(または記名押印)に使用した印鑑と同じ印である必要はありません。

消印(けしいん)
消印とは印紙と、文書にまたがって押す印鑑のことです。ハガキや封筒に貼る切手にも郵便局のハンコが押されているのと同様に印紙の再使用を防ぐために押すものです。契約の内容によって印紙税法が定める所定の印紙を貼り、契約書と印紙の模様にかけて消印を押します。印鑑がなければ、サインでも問題ありません。
捨印(すていん)
捨印とは契約書などの文書の内容に訂正がでた場合に、前もって訂正印になる印鑑を欄外に押しておくことです。これによって後日、訂正が必要なときにわざわざ相手の押印をもらいに行かなくて済みます。このように契約書を受け取る側にとっては手間が省けて都合のいいことですが、渡す側にとっては訂正があるかどうか分からない段階において押すため知らないうちに内容を書き換えられ悪用される恐れがあります。不安があれば、契約書に捨印をしないか、訂正箇所が見つかったら連絡をもらうようにしましょう。
止印(とめいん)
止印とは、契約書などの文章に余白があるとき、後日文章が不正に書き足しされないように、文字の末尾に押す印鑑のことです。使用する印鑑は署名捺印(または記名押印)に使用した印鑑と同じ印鑑で押します。「以下余白」とすることも止印と同様の効果があります。
コピーライト