印鑑白書
トップページ印鑑の歴史印鑑の印相印鑑の種類印材印鑑の書体印鑑用語集印鑑Q&Aサイトマップ

 

印鑑の種類

印鑑は、出生届にはじまり進学や就職、会社設立、婚姻届から死亡届にいたるまで、生きていく中であらゆる場面で用いる道具の一つとして、大切な役割を果たしています。印鑑の種類は大きく二つに分けて、「個人印鑑」と「会社印鑑」に分けられます。主に「実印」「銀行印」「認印」「仕事印」「役職印・会社実印」「角印」などが、それぞれ印鑑の種類によって、用途もさまざまです。ここでは、そんな印鑑の種類についてご説明させていただきたいと思います。

・実印
実印は個人が使用する印鑑の中で最も重要な印鑑です。官公庁での諸手続、不動産取引、ローンの設定などに用います。「お金貸しても、実印貸すな」と言われるぐらい、実印は個人印・法人印の中で最も大切な印鑑です。商取引、公文書や会社設立時など市区町村役所へ印鑑登録を行い、印鑑証明を受けた印鑑を「実印」といいます。それぞれの市区町村の条例で微妙に規定が違っていますが、一般的に8ミリ以上25ミリ以下で欠けやすい材質以外の物でしたら姓名を入れてもよいし、性のみ、名のみでも実印として登録することが可能です。
印鑑登録として届ける際、印鑑条例は各都道府県の市町村で異なります。役所によっては大きさや材質(極端に大きいものや小さいもの、ゴムや石などの変形や欠損し易いもの)に規制がある場合もあるため、一度区役所・市役所に確認してみてください。基本的には姓と名の両方を入れますが独身女性の方は名のみで彫刻される方も多いです。       
※印鑑証明に関して
市区町村役場に印鑑を届けることによって発行され、印鑑登録をおこなったものを「実印」と言います。同じ印鑑を二人で登録することはできず、「実印」は一人に1本のみ認めららるものです。印鑑登録を行った実印は、契約書や申請書に記載した氏名の下に捺印する印影が真正なものであることを証明し、また自分自身を証明してくれる大切な印鑑となります。       
・銀行印
個人銀行印は金融機関の出納に使用する重要な印鑑です。銀行や郵便局、JAなどの通帳開設時の他、保険や証券などのご契約時に捺印する印鑑となります。金銭に関わるものですので非常に大切な印鑑と言えます。一般には苗字もしくは名前を入れ、金融機関のご印鑑として使用する場合には、認印と区別しやすいように苗字・名前とも横彫りで作られます。
印面には、昭和初期頃までの日本の古い慣習が残っており、現代の漢字とは逆の右から左に彫るのが一般的となっています。
・認印
認印は、実印のように印鑑登録や金融機関への登録をしない、家庭や職場において最も頻繁に使用される印鑑と言えます。書留、小包、宅配便などの郵便物の受取り時・領収書の確認などに使用します。開運吉相印の場合には、回覧板や宅急便の受領印などに使用はせず、仕事や家庭での契約所など一般事務に関わる捺印の際に使用した方がベストです。印面には姓のみを彫るのが一般的で、本人が押印したことが証明できれば法律上の効力は実印と変わらないため、認印であっても不用意に扱わないようにしましょう。       
・角印
角印は、官公庁職印、法人用の会社角印、組合印、団体やサークルなどの印鑑、商店や工業所印などとして一般事務や、契約する際の承認の証として押印する印鑑の種類です。個人用印鑑よりも大きく方形の物が多いのが特徴で、主に外部向けの文書(対社外文書等)に使用します。代表取締役若しくはそれに準ずる人が管理します。       
・割印
割り印(わりいん)とは、契約書の正本と副本、原本と写しのように、同じ文面の文書を二つ以上作成したとき、それが一つであること、又は、関連するものであることを証明するために、双方の文書に一つの印を双方の文書にまたがって押すはんこの種類のことをいいます。便宜上、長方楕円形に作るのが一般的です。総務(経理)担当者が管理しており、割印は主に株式の発行や契約書類等、社内文書、各種証明書に使用します。       
・役職印
役職印は、法務届けや登録、代表取締役の資格証明、印鑑証明、契約書などの重要書類、小切手、手形の発行など大切なご契約の際に使用します。個人の実印と区別するため、2重枠にして、外側に会社名・内側に「代表取締役印、代表之印、理事長印」などと字入れします。基本的には、代表取締役が管理します。一般的に法務局に登記できるサイズは、30ミリ未満となっていますが、18ミリサイズから21ミリサイズが標準となります。       
・訂正印
訂正印とは、帳簿や伝票などに記入した文書の字句を訂正したときに、その訂正が権限のあるものによって正当に行われたことを明確にするために押印するはんこの種類のことです。訂正箇所に元の文字が読めるように二本線を引き、訂正者の名前が入った印鑑を押印します。訂正印を押す場所は、その訂正箇所に押す方法と、その訂正箇所の欄外に押印する方法がありますが、一般的には縦書きならそのすぐ右横に、横書きならそのすぐ上に正しい文字を明確に記載し、誰がどのように訂正したのかを明確にします。訂正印は簿記印とも言われており、大きさは5〜6ミリ丸や小判型などが通常使われます。       
・落款印
落款(らっかん)とは「落成款識(らくせい-かんし)」の略で、主に引首印、姓名印、雅号印などを総称していいます。書・絵画・蔵書・手紙・魚拓など、その用途は幅広く、署名をした後に自分の作品であることを証明する「しるし」として落款印を捺印し、作品が完成したことを示すと共に作品を引き立たせます。作品に落款印を押すのは、自己の真実を尽くした責任の証明と、作品を引き立てる役割があります。規定はありませんが、作品の大きさによって落款印の大きさも使い分けます。印材は巴林石・寿山石・青田石などの天然石や柘を使用。       
・蔵書印
蔵書印(ぞうしょいん)とは角印の一種で、書物などの所有者を示すために捺印するはんこの種類をいいます。通常は書籍の最初、もしくは最後の頁に捺印します。中国で生まれて日本に伝わってきたとされており、日本最古の蔵書印は奈良時代にまでさかのぼることができます。落款印を押しても良し、または『○○蔵書』と入れて蔵書専用と使い分けても良いでしょう。
・封緘印
封緘印(ふうかんいん)とは、「封」や「緘」などの文字が刻まれたはんこで、手紙などの封に使われます。封緘印は、書簡印ともいわれています。       
・契印
契印(けいいん)とは、契約書が二枚以上になる場合に、それが一つの契約書であることを証明し、後で抜き差しできないように、両ページにまたがって押すはんこの種類のことをいいます。       
・職印
職印(しょくいん)とは、「司法書士○○○○之印」というように、職名と姓名が刻印されている、いわゆる「士業」の業務において日常的に仕事印として押印される印鑑の種類のことをいいます。主に司法書士や行政書士、弁護士などが使用します。



コピーライト