印鑑白書
トップページ印鑑の歴史印鑑の印相印鑑の種類印材印鑑の書体印鑑用語集印鑑Q&Aサイトマップ

印鑑の書体(フォント・字体)

印鑑は、持ち主の「顔」となるものです。印鑑のデザインが、調和のとれた美しいデザインであれば、周りからの印象も必ず良くなります。そこでこだわりたいのが、印鑑の書体です。印鑑に彫られる文字には、様々な種類の書体があります。書体選びのポイントとしては、印相体⇒篆書体⇒古印体の順に、文字としてのかたちが単純になります。したがって、極端に言えば、その順に偽造されやすくなるということであり、またその順に何という字なのか、判別しやすくなるということになります。 そのため、字形が複雑な印相体や篆書体などは、偽造を防ぐ目的で、実印や銀行印に多く使われ、判別しやすい(読みやすい)古印体は、認め印に多く使われています。会社印にも同様のことが言えますが、この場合はすべて同じ書体で作ることが多く、いずれにも、印相体・篆書体が多く使われています。どちらかといえば、会社名のわかりやすい篆書体を選ぶ方が、若干多いようです。用途により複製の難しさや読みやすさのバランスを考えて選ぶ印鑑の書体。主に使われる書体は、下記の種類です。
・篆書体(てんしょたい)
印相体についで複雑な形状をしている書体です。元々中国から伝わってきた印章にとって、4000年近い歴史を持つ漢字の元である「甲骨文字」から「金文」、「大篆」と派生し、そして「大篆」ではまだ字画が複雑で書くのには不便であったので、秦の始皇帝の命により改良され「小篆」が作成されました。その「小篆」が、印章では一般的に「篆書体」といって用いられている書体で太篆書と細篆書の2種類があります。日本銀行発行のお札に押されている印鑑もにも用いられている書体です。印相体より単純な為、社名など読みやすい印鑑(印章)となります。       
・太篆書体(ふとてんしょたい)
象形文字からできた最も古い書体。美しさと重厚さを兼ね備え、実印に多く使われます。少し文字を細くして空間を作ることにより朱肉が詰り難く、枠が太く作ることにより、より長持ちします。       
・細篆書体(ほそてんしょたい)
枠を太く、文字を細く仕上げ スッキリした印象が特徴的な篆書体を細くした書体です。
・印相体(いんそうたい)
篆書体を基に印鑑用に派生した書体です。最も複雑な形状をしている書体の一つで、会社・個人の実印に使われます。相印や八方篆書とも呼ばれ開運印相としてよく用いられています。複雑な形状をしているため、最も偽造しにくい書体ともいえますが、複雑な分、活字としては読みにくい場合があります。
・古印体(こいんたい)
古い印鑑を模した、最も単純な書体です。印鑑用に日本で開発された書体で「大和古印」とも言います。個人の実印から認印に使われる場合が多い書体です。最も読みやすい書体のため、実印・銀行印よりも認印に使われることが多い書体です。 三文判などに多く使われています。
・楷書体(かいしょたい)
いわゆる筆文字です。
・隷書体(れいしょたい)
中国、秦の時代、篆書体は複雑で書きにくいために、より早く書くために字画を簡略化し、横長のはねに特徴を出した書体。漢の時代には正式に普及したそうです。 独特の筆法で趣があり、文字によっては癖があります。
・行書体(ぎょうしょたい)
楷書を少し柔らかく崩した書体です。
・草書体(そうしょたい)
行書をさらに崩した書体で、文字によっては読めなくなっ てしまうこともあります。
・吉相体(きっそうたい)
歴史的にはまだ浅く、近年開発された書体。篆書体から進化させた書体で印相体や八方篆書体とも呼ばれ、開運印相としてもよく用いられます。
・行書古印(ぎょしょこいん)
行書と古印体をかけ合わせた書体です。
・草書古印(そうしょこいん)
草書と古印体をかけ合わせた書体です。

注目サイト

スカイグループ
http://www.sky-g.net/

2017/1/25 更新

コピーライト